あずな⊿ダイアリー

あずま⊿ダイアリー

日常の色々なことを書いていくブログです。乃木坂多めです。

【名探偵コナン】名探偵コナン顔メーカーでそこそこ本気に容疑者を作ってみた。

こんばんは!

 今回は名探偵コナン顔メーカーで少し遊んでみました。

名探偵コナン

名探偵コナンは皆様ご存じのとおり、小学1年生である江戸川コナン君が持ち前の頭脳を活かし、次々と難事件を解決していく推理マンガです。
現在92巻まで単行本が発売されており、私は全巻持っています。
何を隠そう、私はコナンの大ファンなのです!

私とコナンの出会い

 私がコナンの大ファンということで、今回の本題に入る前に少しだけ私とコナンの出会いについてお話しさせてください。

 私がまだ小学生のころ(コナン君と同じくらいの年)、当時通っていたスイミングクラブの合宿からの帰りのバスで一本の映画が上映されました。

 それが名探偵コナン劇場版第4作「瞳の中の暗殺者」

でした。この映画を見てからコナンにハマり、少ないお小遣いを使ってコツコツと原作を集めていきました。ちなみに現在20代ですが、未だ劇場版も観に行っているのです。今年も観に行きました。(1人でですが...)

今年の映画も面白かったですね。ここ数年の劇場版は当たりが多いように思います。
とはいえ、一番好きなのはと聞かれると、「迷宮のクロスロード」なのですが。
好きなコナンの映画は?となると大体、迷宮の~か、「ベイカーストリートの亡霊」が出てきますよね。ここら辺大好きです!
 以上のような背景から、工藤新一君(17歳)よりも年上になった今でもコナンのファンを続けているのです。ちなみに最近のはきついですけど、40巻ぐらいならどの巻にどの話が載っているかは大体応えられると思います。けっこうガチめのファンです。(笑)

名探偵コナン顔メーカー

コナンへの思いを書き満足したところで本題に入っていきます。(本当はもっと書きたいのですが...)

conan-face-maker.com

部数が2億冊(びっくり!?)を突破したということで↑のようなサイトがオープンされました。要は、犯人の顔を作ってみよう!ということです。抽選で1人の顔が採用されて、実際に犯人役で登場するのだとか。

存在は知っていたのですが、今までやっていませんでした。締切(5/31)まで時間もないのでやってみることに。

作ってみました。

 こちらが私が作成した犯人の顔です。

f:id:azuma46chima:20170529001844j:plain

女性にしてみました。名前は仮に、高田さん(27歳)とでもしておきましょうか。
実はこれ応募するときに名前を登録するのですが、間違って自分の名前等を入力してしまいました。これは絶対に採用されないのです。ごめんね高田さん(仮)

 高田さん(仮)のプロフィールを考えてみる。

この高田さん(仮)の顔を作成するときにどのような形で犯人となるのか考えていました。

まず高田さん(仮)は、

  • とある会社に勤めている。
  • 上司が嫌な年上の女性
  • 部屋で上司と2人きりになったところを後ろから撲殺

という形で犯人になると考えました。
高田さん(仮)はある出版社に勤めていて、とある小説家の女性(47歳)の担当をしています。
しかし、この小説家の女性(仮に馬場さんとしましょうか)は高田さんに何かと辛く当たっていきます。
さらに、高田さん(仮)には婚約者の男性がいます。高田さん(仮)は1回婚約者の男性を馬場さん(仮)に紹介しました。
という感じで話が始まっていくものとします。(純度100%の妄想です。)

 ある日、高田さん(仮)はまたしても馬場さん(仮)に理不尽に怒られました。
馬場さん(仮)が部屋を出て行ったあと、高田さんは、ものすごい形相になります。
このときの効果音はギリッでしょうか。
そして事件が起こるという感じです。

 トリックとかは何も考えていませんが、なにかあったのをコナンに見抜かれ、小五郎さん(コナン君)に、
「そう、犯人はあなたしか居ないんですよ。高田さん(仮)」
と言われ、動機を話していきます。

 動機は、理不尽に怒られるということだけではなく、婚約者を盗られたというから。
以前、高田さん(仮)は、親しげにホテルから出てくる馬場さん(仮)と婚約者を目撃したとのこと。だから、婚約者を犯人に偽装する形で馬場さん(仮)を殺害したそうです。
ここで婚約者から衝撃の事実が。
それは浮気とかではなく、次に書く小説の取材をしていただけである。ホテルからでてきたのは打ち合わせの帰り(もちろんラブホではなかった)であったと。さらに、普段辛く当たっているいるものの、馬場さん(仮)は高田さん(仮)をとても信頼しているとのこと。素直になれないだけでとてもよいパートナーだと思っていると聞いていたのです。
 それを聞いた高田さん(仮)は膝から崩れ落ちて涙します。しかし、もう馬場さん(仮)は帰ってこないのです...

ということまで考えました。完全に妄想です。
あえて女性で気が弱い風にしたのはこういった背景があるからなんですね。

もう一人作ってみた。

 今度は男性の犯人を作ってみました。

f:id:azuma46chima:20170529005252j:plain

名前は鈴木さん(仮) 52歳です。汗が胡散臭さを増しているように思います。

簡単な設定としては、

  • お金持ち
  • 山奥とかのけっこう大きな家に住んでいる

としました。この人は人を殺すというよりは、何か悪いこと(脱税とか強盗)をあいているイメージがあります。
ある日コナン君たちご一行が山奥に来たが迷ってしまい...みたいな感じでお世話になりそうですね。
しかし、この家は何かがおかしいとコナン君は調査を始めます。
そのコナン君の様子を監視する鈴木さん(仮)という様子が想像できます。しかもこういう場面だけ目が開くのです。(←これけっこうあると思う。)
そして最後はコナン君の口をふさごうとするのですが、キック力増強シューズによりボールを当てられてノックアウト!という感じだと思います。

鈴木さん(仮)みたいな一見優しそうだけど実は悪人というパターンは、コナン界隈(?)ではけっこうありそうです。

 

 

今回2人の犯人を作ってみましたがとても面白かったです。しかし名前を考えるのが思いのほか苦労しました。挙句の果て高田馬場から名前とってきますからね...
私にはネーミングセンスはないようです。
しかし設定については筆が進みに進みました。妄想を書くってすごく楽しいですね。
とはいえ、青山先生はこういう話を何百話(何千話?)と考えているのだからすごいと改めて感じました。
青山先生!
これからもコナンを楽しみにしています!

そして小学館の担当者の方へ
けっこうちゃんと高田さん(仮)と鈴木さん(仮)を考えたのでぜひ採用してください!(笑)